Top / 動かしてみよう
動かしてみよう

Squeak 1.ロボットの製作 3.デモの実験

とりあえず、かたつむりの形ができたのでスイッチを入れてみると黄色いパイロットランプはつくものの、動こうとはしない。

かたつむりの「作り方」は本来「Cロボ」を作るためのものだから、何もしなくてもライントレースをするように出来ているはずなのだが、実際に作ったのはまったく同じものではなくて、基盤を交換してSqueakで動くようにしたものだから、動かなくて当然なのだ。

というわけで、SqueakのCロボのページから落としてきたデモ用のSqueakのスクリプトがこれ。

01gomi03.jpg

まず最初にシリアルポートの番号の設定をしなくてはならないのだが、とりあえずは1番から順番に入れてみる事にした。

すると、どれを入れても(実際にやってみたのは4番ぐらいまでだったのだが・・・)エラーがでるではないか・・・しかも、左上にあるこのシリアルポートの番号はいくらでも増やせるし、マイナスの数まで減らせるからその番号を頼りに試してみても余り意味がない。

どれを入れてもだめでしばらく途方にくれていた。

で、思い出したのがシリアルポートの番号をコントロールパネルから[システム]-[ハードウエア]-[デバイスマネージャー]で調べればよいということ。

ここで調べたら何のことはない、USBのシリアルポートはcom6・・・6番までは調べてみなかったのだ。

ということで無事にこの画面から「ロボットが円を描く」のスクリプトを動かして、無事に動くことを確認した。

デモの実験

添付ファイル: file01gomi03.jpg 771件 [詳細]